小松で3ちゅー

20100711200858
 
小松おやこ劇場さんで お世話になりました。
 
 
すごくすごく楽しみにしてていただいて、とっても素敵な出会いになりました。
 
 
梅雨の真っ只中の・・むしむし・・
  
 
雨がときおりザアーッと なんともうっとうし天候でした・・が・・そんなことは今回の出会いに なんの障害にもなりません。今回はなんと 小松おやこ劇場 200回目の記念すべき例会です。今日の例会のために200固の“手作りねずみ”を募集して、受付のところにたくさんのねずみが飾ってありました。
 
 
そしてさらに今日のサプライズ〓観に来た会員さん(大人)にくじを引いてもらい、当たりはなんと・・子だぬきになると言う・・・当たっ方は えー〓・・・素晴らしい企画。我ら3ちゅー班もドキドキでしたが、大当たりの お母さん、見事子だぬき役を演じいただき、大盛況でした。
 
 
20100711194541
  
公演後会場を片づけたあとおにぎりや漬物、デザートなど食べながらの交流会、首を長くして待っていたこの例会が、とっても素敵な出会いになってほんとによかった と感想をいただき、我ら 3ちゅー班も またまた記憶に残るステージとなりました。
 
 
小松おやこ劇場のみなさんほんとに お世話になりました。
 
 
ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりの“3 ちゅー”です。

昨年はインフルエンザで 大打撃を受けた演劇教室。
 
 
今年も宮崎の口蹄疫で公演の中止が出てどうなるんだろうという状況もありますが、今年度の1学期の公演が始まりました。
 
5月7日福岡市内の板付北小学校で幕を開けまして、さっそく旅に出ております。
 
 
ここは静岡県は沼津市の内浦小学校。
 
 
伊豆半島のつけねあたりに位置して、山と海に囲まれた自然豊かな素敵なところです。
 
 
01
 
全校生徒80人あまりの小さな小学校ですが、毎年風の子の芝居を観ていただいおり、昨年は“陽気なハンス”を観ていただきました。
 
学校に着いた時から公演をすごく楽しみにしてくれていたのが伝わってきました。
 
 
すぐにお芝居の世界に入り込んでくれて、倒れ込んで笑いころげている子どもたちの姿が印象的でした。
 
 
公演終わって学校を出るとき 担当の先生のクラス(4年生)が お見送りしてくれました。
 
 
02
 
写真は校長先生に撮っていただきました。
 
 
 
とってもあったかく、心に残る出会いになりました。catface

| | コメント (1) | トラックバック (0)

3ちゅー班北海道をゆく

みなさま、いかがお過ごしですか。
 
2009もだいぶ押し迫って参りました。
 
え~っと・・今年の漢字は“新”と言うことになったと言うことですが・・・まぁ妥当なところでしょうか。
 
“新”・・・特に“新型”の「やつ」にはやられました。
 
今のところやられっぱなしです。
 
見つけ次第ただでは済まさん覚悟ですが、なんせ、やつぁ目に見えません。
 
まったく始末におえねぇ。
 
え~前おきが だいぶ長くなりましたが、それだけ事態は深刻ってことで勘弁していただけたらと思いまが・・。
 
 
001
さあ、写真は稚内!最北端の地モニュメントの前です。
 
以前も“ぴーかぶー”で写真を載っけました。
 
もうしばらくは、訪れることはないと思っておりましたが二年後に再びやってきました。
 
今回は“3ちゅ~Very much!?”しかも真冬にさしかかった12月。
 
さすがに最北端、かなりの覚悟持って訪れましたが、やはり想像以上の過酷な状況でした。
 
天候は、晴れsun のち曇りcloud 時々吹雪snowtyphoon てな感じ。
 
それでも設置されてる温度計は摂氏2℃ しかし体感温度はもう氷点下はるか下です。
 
震える手でやっとの思いで写真を撮りました。camerashine
 
 
002
風の子九州の女優ふたりが立っているのは、最北端の、そのまた最先端。
 
つまりここが究極の最北端てことになるんでしょう。
 
そして見えている海のそのむこう からふと が見えるはずですが、寒さに震えながら目を凝らしてみましたが、視線の先には鉛色の空と海がまじわっているだけでした。
 
 
003
写真は、稚内子ども劇場での公演後の記念撮影。camerashine
 
二年前に ぴーかぶーでお邪魔して、またまた今回 3ちゅーを呼んでいただきました。
 
こんなに早く再会できるとは思っていなかったのでほんとに嬉しい限りです。
 
外は氷点下(こちらの人に言わせるとあったかい方)でしたが、公演はあったかい空気に包まれてホットな出会いになりました。smile
 
 
004
稚内のホテル前の駐車場です。
 
ご覧のように雪はありますが、地面が見えているところのほうが多く、最北端の街は、それはそれは大雪でエライことになってるんじゃないかと想像し覚悟を決めてやって来たのですが・・・こんな感じ。
 
我ら 3ちゅー班一行は、11月30日の夜中のフェリーで福井県は敦賀港をたち、明くる12月1日苫小牧に上陸したのでありました。
 
どんなにか寒くて、どんなにかすごい雪かワクワクしながら、普段裸足にサンダルの じろべぇどんも靴下に長靴をスタンバイして、フェリーを降りたのですが・・・あれ?・・・雪は?・・・なんだか寂しいじゃないのぉ~・・
 
 
005
こちら函館の市場の近くの観光みやげ売りば というようなところ。
 
このおじさんほんとに親切でした。
 
目の前でホタテを焼いて食べさせるお店なのですが、ご覧のように非常に愛想のいいおじさんで、まあ午前中店を開けたばかりで、ほかにお客さんもなくて、とにかく大サービスでした。
 
おまけで焼いてくれた、いかゲソをいかの“はらわた”といっしょに焼いたやつは絶品でした。劇団だと話すとサインしてってと言われ、店を飾る紙に3ちゅーの絵とサインをしてきました。
 
今ごろホタテ屋さんのメニューのとなりに3ちゅーVery much!?のサインが飾ってあるはずです。
 
 
006
どうですか、この立派なホタテ!
 
熱々に醤油ちょいとたらして、ふうふうしながらあちっあちっ・・ん~っ美味い!いやほんと美味かった!
 
 
007
うに丼sweat01です。
 
新鮮な“うに”がたっぷり!期間限定1600円sign03
 
ちょっと普通じゃこの値段では口にできません。
 
ホタテに舌鼓を打った我ら3ちゅー班一行は、海鮮料理のお店に直行、ひろこちゃんと咲希ちゃんは速攻こちらを注文いたしました。
 
 
函館と言えばなんといっても“いか”函館の方はなんでも、毎朝新鮮な“いかそうめん”をめしあがるとか・・・。とにかく函館と言えば“いか”です。
 
 
008_2

そしてこちら新鮮な、いか丼sweat01
 
いかの甘味といくらのコラボレーションが絶品!(じゅんちゃん談) こちら1000円と大変リーズナブル!
 
 
009
え~・・いくら丼sweat01です。
 
あまり説明の必要はないかと思います。
 
こちら1200円と九州ではあり得ない値段・・・
 
すみません・・・
 
うまかったあぁ~!catface
 
 
苫小牧に上陸し、翌日こちら函館にやって来て、一日お休みをいただいた3ちゅー班一行は、この美味しいものが目白押しの観光スポットへ、いの一番にやって来たと言うわけでございまた。
 
 
我ら3ちゅー班一行、のんびり観光にやって来たわけではありません。
 
素敵な出会いを求め、楽しい芝居を観ていただくため、20時間も船に揺られ、はるばるやってまいりました北海道!
 
 
010
写真は室蘭子ども劇場さんでの記念撮影。
 
Openを1ステージと3ちゅーを2ステージ取り組んでいただきました。
 
とってもとっても元気な劇場さんで、ほんとに楽しみに待っていてくださって・・・
 
いやが上にもこちらのテンションは上がりっぱなし、客席も舞台もボルテージは最高!盛り上がりました。
 
Open観て、3ちゅーも観てみたいと乗り入れで両方観た方も結構いらっしゃいました。
 
 
011
4~5才の女の子がお昼に作ってくれました。
 
ほんとにすごい!感動しました。crying
 
食べるのが惜しい!て感じでした。美味しかった!
 
みさきちゃんありがとう!scissors
 
 
012
会場のいたるところにこうした飾りが、心のこもった取り組みに、芝居楽しんでもらわなきゃと気合いが入りました。smile
 
 
013
ところ変わってこちら札幌、大通り公園のイルミネーション。shine
 
稚内から札幌へ移動してきた我ら3ちゅー班一行は、かねてよりお約束の、ドン・ヤカチーノとの再会を果たしたのでございます。
 

 

 
014クリスマスムード満点のライトアップ。
 
さて、ドン・ヤカチーノ。
 
彼とは福岡西部子ども劇場の40周年行事で共に困難なミッションに挑んだ、闇の結社ブラックシャドーの初代ボス。
 
その後、活動の場を北海道に移し、北の海に沈んだ!などと言う噂も流れましたが、なんの北の大地で意気盛んでございました。
 
その北海道に3ちゅー班一行が乗り込んでくると言う事で、札幌観光案内を買って出ていただいたと言うわけでございます。
 
この日は、サッポロビール園でジンギスカンなど食したあと、大通り公園のイルミネーション見物とシャレこんだのでした。
 
 
夜公演で空いた昼間の時間を使って、ヤカチーノの案内で市内観光へ。
 
 
015
写真、ポーズをとる咲希ちゃんのとなりの方は、羊ヶ丘公園の

クラーク先生dash “少年よ大志をいだけ”
 
 
016_2
これ ジャンプ台sweat01 です。
 
大倉山の ジャンプ台sweat01 です。
 
リフトで ジャンプ台sweat01 の上にあがる途中に撮ったのですが・・
 
高所恐怖症の私はとにかく怖くてこのような写真しか撮れませんでした。
 
さくの向こうに選手が滑って行く斜面があるのですが、それはそれは急角度で、こんなところ高速で滑って さらに100メートルくらい飛んじゃうなんて同じ人間とは思われません・・・
 
この環境は過酷です・・
 
ジャンプの選手てすごい!good
 
 
017_2
右上の建物まで上がるのですが、私にはこの角度と高さ・・・
 
恐怖 です。
 
それでも上がる時は、上を見ているのでまだいいのですが・・・
 
下りは 最悪 でした。
 
この角度で200メートルくらい降りてゆくのです。
 
足元から山のふもと、さらに札幌市街が一望できる大パノラマ!自分が座っているリフトには、か弱い手すりがあるだけ・・
 
これが怖くなくてなにが怖い。shockshockshockshockshock
 
しかもふたり掛けのリフト、となりに座った元気くん・・・
 
大騒ぎする私に目を輝かせ、リフトを揺らすわ私をこずくわ、私をさらに恐怖のどん底に突き落としたのです・・・
 
フッフッフ・・
 
元気くんおぼえてろ (T_T) dash
 
そんな大騒ぎをしながらの市内観光、楽しゅうございました、ヤカチーノありがとうございました、感謝です!
 
 
018
2週間の北海道ツアー・・
 
大雪を覚悟してやって来たのに・・
 
雪に出会わず寂しいなぁと思っていたら、最後にやってきました!吹雪です。
 
前日、積もるんじゃないかなと思っていたら、そのとおり、朝窓開けたらどっかり積もっておりました。snowsnow
 
 
この日は、砂川の北光小学校での公演。
 
新型のあやつの影響で別の作品をやる予定だったのに延期になりこの日に3ちゅーを公演することになったのです。dash
 
 
019
写真は体育館にバスを横ずけしたところですが 、最初学校について体育館に寄せようとしたところは、雪が深すぎてスタッドレスも役にたたずタイヤが空回り、場所をかえてやっとの思いで横ずけすることができました。
 
 
020
このあと雪はさらに激しくなり、かなりの積雪となりました。
 
我ら3ちゅー班一行にとっては、待ち望んだ雪景色です。
 
荷おろし、荷積みは大変でしたが、やはりこれが北の大地の醍醐味と言うんでしょうか、じろべぇどんの長靴も大活躍だったことは言う間でもありません。
 
 
021
北光(ほっこう)小学校の五年生のみなさんです。
 
公演後、一旦教室に戻った後、一言感想をかいて持ってきてくれて、是非記念撮影したいということでこの写真となりました。
 
優しい先生と明るい子どもたちでした。子ダヌキ役の先生すごく可愛いかったです。
 
延期になったけど公演できてほんとによかったです。
 
 
今回の北海道ツアー、写真は撮れませんでしたが、Openを三回目取り上げていただいた函館子ども劇場さん3ちゅーでも出会っていますし、ぴーかぶーでも2回出会っていてほんとにいつも元気な劇場さんで、いつもこちらがパワーをいただいています。
 
そして札幌の劇場さんにも今回Open2ステージ、3ちゅー4ステージお世話になりました。
 
毎回たくさんの会員さんでうまり大盛況でした。
 
毎回手のかかった、そして心のこもったお昼ご飯、小夜食ほんとに美味しかったです。
 
美味しいもの食べて元気いっぱいお芝居することができました。
 
 
なんだか、お別れするのなごり惜しくて後ろ髪ひかれる思いで砂川へ向かいました。
 
 
ほんとにほんとにお世話になりました。
 
 
ありがとうございました。
 
 
3ちゅー班一同。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

久留米で“3ちゅー”

20091002132102
10月2日久留米市の清峰小学校で“3ちゅーVery much!? ”公演させていただきました。

朝から大変な土砂降り、一日中降りつづく悪天候で、体育館の屋根を打つ激しい雨おとで、セリフや音響がすごく聴き辛い状況ではありました・・・が、私たちも こんな雨に負けるもんかと気合い入れて臨みましたし、子どもたちの雨おとなど、ものともしない集中力で、公演はすごく盛り上がりました。

たぬきの赤ちゃん役もばっちりハマっておりました。担当の 一の瀬先生曰く“この作品、今まで見た中でヒット!です・・・いやホームランです〓”と言っていただきました。

イヤッホーッ〓嬉しいかぎりです(^O^)。大変お世話になりました。ありがとうございました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

津山で3ちゅー!

001_2
津山子ども広場に“3ちゅーVery much!?”でお世話になりました!作品を誰も観た人がいなかったけど、“なんでマン”がとても好評で、とにかく風の子九州と言うことで企画に上げていただいたそうです。だいぶプレッシャーも感じながら会場を訪ねたのですが、ほんっとに暖かく迎えて頂き、楽しみにしていただいたのが ひしひしと伝わってきて、変なプレッシャーではなく こちらも楽しんでお芝居することができました。
 
 
002_2
会場は“コミュニティセンターあいあい”というとってもチャーミングな名称の施設で・・・古いなんてことはちっともない、印象としてはだいぶ使いこなしている施設。搬入からたくさん手伝って頂き とっても助かりました。
 
 
003_2
200人余りのお客さんで会場は熱気ムンムンでした(暑かったのは、走り回っている私たちだけかもしれませんが・・) お客さんの反応がすごくよく、そしてまた たぬき役のお父さんが素晴らしかった。言われるままに動くと言う・・どうしても目立ちたくなるか、緊張でガチガチになるかするところを、ごく自然にそして最も楽しげに表現していただきました。何か舞台と客席が呼吸しているような公演で、演じる私たちが感動を与えていただきました。津山子ども広場のみなさん大変お世話になりました。またお会いできればと思います。ありがとうございました。
 
 
004_2
この素敵な小夜食の数々!会員のみなさんが、ひとつひとつ手を掛けて作っていただいた料理です。私たちは けしておろそかに食べることはできません・・もりもり食べて元気に芝居するエネルギーをいただきました!
 
 
005_2
メニューは ドライカレーとサラダそして鳥とイカの唐揚げ!どれも手間を掛けた“愛”のこもった料理でたっぷり元気をいただきました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岡山で3ちゅー!

001
岡山県総社市の維新小学校で“3ちゅーVery much!?”を見て頂きました。 生徒数は56名と隣の幼稚園児で約70名ちょっとと、こじんまりした人数ではありましたが、みんなとても元気で素直でフレンドリーで劇の最初からすぐに芝居の世界に入って来てくれて、こちらもすっかりのせられてしまいました。このところ毎年 風の子を取り上げていただいていて、子どもたちが楽しみ方をよく心得ているんだなぁと感じました。
 
 
002
公演後、6年生と一緒に給食を頂きました。みんな気さくで、フレンドリーで、とっても明るいメンバーです。
 
 
003
これは食事のあとですが、食事中もとってもにぎやかで笑いの絶えな感じでした。給食もすごく美味しかったです。
 
 
004
せっかくなので、では記念撮影・・・さあて集合写真・・ん? ほらほらこっちこっち・・ほんとに仲がいいんですね!
 
 
005
6年生のみなさん、楽しい給食一緒にできてほんとに嬉しかったです。
 
先生方にも大変お世話になりました。
 
ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なるほ堂3 ちゅーどんどこ亭が!

00
 
おっ!こちら棚の上でいかにも働いてますポーズをとっているのは、我が風の子九州の代表になってはや4年の仮屋新代表!その下で担ぎ上げを頑張っているのは“どんどこ亭”そして新年からは“にっこりぽっかり座”の玉ちゃんです。この日は、なるほ堂 3ちゅー どんどこ亭の公演班メンバーがバラけて、にっこりぽっかり座 なんでマン どんどこ亭 ぴーかぶーに分かれて稽古を始める日だったのです。こんなふうに役者がみんな揃うのは、ほんとに久しぶりで、こんなにいっぱいいたんだぁと何かちょっと嬉しい気持ちになりました。しっかり稽古を積んで新しく出発するそれぞれの作品にご期待ください。

 
 
01_2
 
あっ!車の向こうの後ろ姿は“なんでマン”でおなじみのまりちゃんだ!まりちゃんと話しているのは今度“なんでマン”に復帰したじゅん兄ちゃん、兄弟復活!

 
 
02_2
 
外へでますと、あっ!どんどこ亭の山ン本さんとゆうじくん、3ちゅーの咲希ちゃん なるほ堂の由美ちゃんがなにやら鉄骨を運び入れてる最中です。あれは、なるほ堂の歯車を取り付ける骨組みでしょうか。

 
 
03
 
目を移すと、こちら一見ガラクタのように見えますが、左手前の紺色の箱は風の子九州初の作品“にっこりぽっかり座”の木箱 右奥の白い箱や木の棒などは今風の子九州で最も新しい“どんぶらこっこどんどこ亭”の遊び道具一式と言う訳です。

 
 
04
 
少し近よってみると、はいっ!見覚えがございますでしょうか?えっ?ない?・・・えーっと、あっこの右脇の黒にオレンジの板みたいなのは高学年作品“Open”の扉です。そして左の青いハートがついた木の箱は、のっぽのふたり組がやってくる“ふらっとぶらっと”のトランク・ボックスです。

 
 
05
 
ちょっと珍しい風景を披露しています。風景と言ってもなんだこりゃ引越しの最中か?とも思える雑然とした眺め。これは何かと申しますと、・・え~芝居の道具です。そしてここは風の子九州の数々の作品を生み出してきた福岡市の脇山という所にあります稽古場なのです。風の子九州マニア?のかたなら少しながめればすぐにおわかりかと思います。あっ、あれはあの芝居の道具、あっこれはあの芝居の道具。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誕生日の3ちゅー

01
自分の姿を自分で撮影するのは難しいです。鏡に映った姿を撮ったのですが、どうしても手がぶれて上手くいきませんでした。なんでそんなことをするのか不審に思われるでしょう?ヘッへッへ!ちょいとお楽しみのミッションが進行中なわけです。
 
02
はい、そしてこちら3ちゅーVery much!の“しっぽ”役、ひろ子ちゃんです。どうしたんでしょう?何か訴えたそうな微妙な表情ですが・・実は12月5日は ひろ子ちゃんの誕生日なわけです・・・が、この日は12月4日誕生日の前の日、この前の写真でも紹介したように、この日の朝フェリーで大阪に着きそして名神高速をひた走り岐阜までやってきました。つまりあの写真を撮ったその日の午後と言うわけで、えっ?なに?“だからどういうことかっ”て?まぁまぁ落ち着いて。
 
03
はい、そしてこちら。このなにやら勝ち誇ったような得意気な3人の表情。何故!先ほどのひろ子ちゃんの表情といい、いったいなにがァ!えっ?あっ、ひっぱり過ぎ?m(__)mつい・・・えー、それでここはですね岐阜のホテルでして、まぁ簡単に言うとひろ子ちゃんの誕生日祝いをしているところ(難しく言っても)なのですが・・1日早いわけです。なぜかと申しますと、風の子九州は代々“サプライズ誕生日祝い”を行う昔からのならわしがあったりなかったり。で、あの手この手でサプライズを考えるのですが、私ら3ちゅー班としては、ややマンネリ気味で少々の事ではなかなかサプライズになりません。そこで誕生日当日では当人は何かあると構えているので油断している前日に、不意を突いたのです。その中身はこうです。
 
04
まずは最初の写真、フェリーで大阪に着き岐阜の近くまできた私らはチェックインまでちょいと時間をつぶすと称してショッピングセンターへ。そして私だけ、明日の会場の下見に行くとウソこいて先廻り、ホテルに行き、ホテルの方の協力もいただき、ひろ子ちゃんがはいる予定の部屋にケーキを持ってスタンバイ。この時にこのワクワクを掲示板に載っけようと鏡に向かい、手がぶれるのを押さえつつ撮影。そうこうしているうちに残りの三人が到着何も知らずホテルの人(しょっちゅうお世話になるご夫婦で経営されてホテルでその奥さん)にカギをもらい部屋に入ったひろ子ちゃん。誰もいないはずの部屋の洗面所の水がいきなりながれ、びっくりして扉を開けようとしたところでギターが“ジャァ~ン”洗面所の中からロウソクに灯のともったケーキ、廊下からはブレゼントを持ったじゅんと咲希ちゃん〓HappyBirthday to You~〓・・その直後の表情が次の写真ご覧の表情「え゛~!やられたぁ〓」て感じでしょうか。そしてまんまとしてやったり!の三人の表情と続
くわけです。ここで、みなさんの質問に二つ答えなければならないですね?はい、えープレゼントはなんだったのか。それはですねェ・・・あれです、あれ!身につけるものです、後は言えません。本人に聞いてみましょう!そしてもうひとつ、お年はいくつなのか。それはですねェ・・言えません・・写真のロウソクを数えてみるのもいいかもしれません。後は本人に聞いてみましょう!ではまた。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いちょーと3ちゅー

01_2
いちょーに3ちゅー。呑みすぎ食べすぎ胃のもたれに風の子薬品の3ちゅー!・・・m(__)mすみません、つまんないこと書きました。えー、銀杏です。写真で伝わるかどうか、思わずみとれてしまいました。
02_3
宮崎県は高鍋町から車で15分くらいの都濃町の都濃南小学校で3ちゅーVery much!を観ていただきました。朝 学校に着いた時は公演のことしか頭になく、天気もそれほど良くなかったせいか全然気にしていなかったのですが、公演後、道具を片付け終わって、ふっと上を見上げると、青空に黄色に輝くこの銀杏です。
03_2
このところスケジュールも立て込んでいて、なんとなく余裕のない日々を過ごしていたのですが、何か深ぁ~い深呼吸をして身体中の悪い空気を吐き出しそして綺麗で新鮮な空気が入っていくような、心も身体も元気になっていくのを感じることができました。
04
子どもたちは授業が始まっていたので主任の先生と教頭先生と銀杏に見送られ学校を後にした我ら3ちゅー班は、次の日延岡で公演しその夜 宮崎の港からフェリーで大阪へ向かったのでした。

おまけ・・                                      

そして3ちゅー班を乗せたフェリーは次の日のあさ7時30分頃大阪南港に接岸。朝早いためなんとなく寝ぼけまなこ、画面も寝ぼけております。 05
06
この船は宮崎から乗ったため、いつも乗り慣れている北九州からのフェリーではありませんが、関西 東海 北陸 関東 東北など長距離の旅の始まりは、ほとんどフェリーに乗って始まり、北海道へ行くときは大阪までフェリー、そして京都の舞鶴、あるいは福井の敦賀まで移動し、そこから更にまたフェリーで北へ向かいます。そしてその方面からの帰りもやはりフェリーに乗って九州にたどり着くと言う、公演活動にフェリーは欠かせない乗り物である訳なのですが、快適な船旅でついつい“ささ”を過ごしてしまうのが悩みの種であります・・なんちゃって(^O^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サダリと3ちゅー

01
移動中のマイクロバスです。福岡は鞍手郡の小竹南小学校で3ちゅーVery much!の公演でした。にぎやかそうな車内ですが、この日はメンバーが三人ほど増えました。11月16日福岡のふくふくプラザで“時計が止まったある日”の手打ち公演を行い、今回の鹿児島子ども劇場の高学年祭典からの日本での公演を終了した韓国の劇団サダリのメンバー三人が駆けつけるてくれて仕込みから片付けまで力を貸していただきました。左からキム・ボーギョンさん パ・キ・ジョンファさん そして、
 
02_2
おやつを食べてる ひろ子ちゃんのとなりが イ・ジュウォンさんです。日本での公演のあと他のメンバーはスケジュールの都合でひと足はやく帰国したのですが、彼女たちはお芝居の道具の事などもあり残っていたのです。前の日に公演から帰って来た3ちゅー班は事務所にいたサダリメンバーとバッタリ、3ちゅー「ただいまぁ!」サダリ「オカエリナサイ!キョウハコウエンデシタカ?【会話は日本語と韓国語が混ざりながら】。」3ちゅー「はい、明日もあります。」サダリ「エッ!アシタモアル?ミタイデス!3チューミタイデスゥー!」3ちゅー「あっ、いいですよ。ただ会場までの足がないので朝いっしょに車に乗ってもらうといいんだけど!・・てことは、仕込みと片付けを手伝ってもらうことになるけどいいかなぁ。」「エッ?・・イイデスゥ!イキマス!イキマス!」と言うわけでこの日の珍道中となりました。
 
03
咲希ちゃんとジョンファさん唐揚げにかぶりついております。公演後お昼は食べましたがまた片付けで思いきり働いたので小腹がすくわけで、コンビニに立ち寄りおやつを購入、仲良くパクついております。3人にはテキパキと要領よくほんとに熱心に手伝っていただきました。
 
04
この日急に寒さが厳しくなり、体育館も冷えびえ。子どもたちもギューッとくっついて観ていました。芝居を観て三人は、ボーギョンさん以外の二人は日本語がよくわからなかったので残念だったですと言うことでした。ボーギョン さんは何気なく使っていた捨てゼリフの間違いを指摘していただきその日本語の上達ぶりにこちらが感動した次第です。韓国ではこうして学校に出掛けてお芝居を上演するようなことはほとんどなく、劇場にお客さんに見にきてもらうというスタイルばかりなので新鮮で楽しかったと言っていただきました。私たちも準備から片付けまでガッチリ手伝ってもらい、ほんとに助かりましたし、言葉はわかんないけど、にぎやかで明るい三人といっしょでものすごく楽しい一日でした。戻って来た後三人は、車の中から教えた博多ラーメン屋でとんこつラーメンを食べ、モスバーガーでハンバーガーを食べ、そしてトイザらスでお土産の買い物をするため寒空にルンルンで出掛けて行ったのでした。エネルギッシュです!素晴らしい!ありがとうございました。
 
カムサハムニダ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧