« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

みなさんよいお年を

どおも なるほ堂班です。
 
今年も 本物の体験事業では、たくさんの学校に行きました。
 
夏のワークショップに始まり、本番は冬・・・
 
踊りやうたを覚えててくれるのか心配でしたが、
「忘れた。。。。。微妙に覚えてる。。。。。」と言うもののリハーサルをやるとすぐに思い出してくれて本番もばっちしにやってくれました。
 
 
衣裳や帽子も それぞれ凝っていて スパンコールギラギラだったり
 
パーマ屋さん?風だったり ちょっと前のアイドル風だったり・・・
 
音楽隊が去っていった舞台には踊って取れてしまった飾りや、キラキラするのもが置き土産として残っていました。
 
 
インフルエンザの影響で大変な事もありましたがたくさんの音楽隊に出会えて楽しかったです。
 
 
本当にお世話になりました。
 
 
みなさんよいお年を

 

 
 
Dsc00036
「美鈴Tシャツ」 かっこえ~ 
 
 
Dsc00170
境港のきたろうロードにも行きました
 
 
Dsc00254
いよいよ出番です
 
 
Dsc00294
はっぴも凛々しく
 
 
Dsc00378
お疲れさま さようなら~
 
 
Dsc00399
お祭りのイルミネーション わざわざ点けて見せていただきました
 
 
Dsc00413
緊張ぎみのリハーサル
 
 
Dsc00459
懐かしい 昔のあいどる風?2ステージお疲れ様でした
 
 
Dsc00475
三年生みんなで記念撮影。ほんとやれて良かった・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3ちゅー班北海道をゆく

みなさま、いかがお過ごしですか。
 
2009もだいぶ押し迫って参りました。
 
え~っと・・今年の漢字は“新”と言うことになったと言うことですが・・・まぁ妥当なところでしょうか。
 
“新”・・・特に“新型”の「やつ」にはやられました。
 
今のところやられっぱなしです。
 
見つけ次第ただでは済まさん覚悟ですが、なんせ、やつぁ目に見えません。
 
まったく始末におえねぇ。
 
え~前おきが だいぶ長くなりましたが、それだけ事態は深刻ってことで勘弁していただけたらと思いまが・・。
 
 
001
さあ、写真は稚内!最北端の地モニュメントの前です。
 
以前も“ぴーかぶー”で写真を載っけました。
 
もうしばらくは、訪れることはないと思っておりましたが二年後に再びやってきました。
 
今回は“3ちゅ~Very much!?”しかも真冬にさしかかった12月。
 
さすがに最北端、かなりの覚悟持って訪れましたが、やはり想像以上の過酷な状況でした。
 
天候は、晴れsun のち曇りcloud 時々吹雪snowtyphoon てな感じ。
 
それでも設置されてる温度計は摂氏2℃ しかし体感温度はもう氷点下はるか下です。
 
震える手でやっとの思いで写真を撮りました。camerashine
 
 
002
風の子九州の女優ふたりが立っているのは、最北端の、そのまた最先端。
 
つまりここが究極の最北端てことになるんでしょう。
 
そして見えている海のそのむこう からふと が見えるはずですが、寒さに震えながら目を凝らしてみましたが、視線の先には鉛色の空と海がまじわっているだけでした。
 
 
003
写真は、稚内子ども劇場での公演後の記念撮影。camerashine
 
二年前に ぴーかぶーでお邪魔して、またまた今回 3ちゅーを呼んでいただきました。
 
こんなに早く再会できるとは思っていなかったのでほんとに嬉しい限りです。
 
外は氷点下(こちらの人に言わせるとあったかい方)でしたが、公演はあったかい空気に包まれてホットな出会いになりました。smile
 
 
004
稚内のホテル前の駐車場です。
 
ご覧のように雪はありますが、地面が見えているところのほうが多く、最北端の街は、それはそれは大雪でエライことになってるんじゃないかと想像し覚悟を決めてやって来たのですが・・・こんな感じ。
 
我ら 3ちゅー班一行は、11月30日の夜中のフェリーで福井県は敦賀港をたち、明くる12月1日苫小牧に上陸したのでありました。
 
どんなにか寒くて、どんなにかすごい雪かワクワクしながら、普段裸足にサンダルの じろべぇどんも靴下に長靴をスタンバイして、フェリーを降りたのですが・・・あれ?・・・雪は?・・・なんだか寂しいじゃないのぉ~・・
 
 
005
こちら函館の市場の近くの観光みやげ売りば というようなところ。
 
このおじさんほんとに親切でした。
 
目の前でホタテを焼いて食べさせるお店なのですが、ご覧のように非常に愛想のいいおじさんで、まあ午前中店を開けたばかりで、ほかにお客さんもなくて、とにかく大サービスでした。
 
おまけで焼いてくれた、いかゲソをいかの“はらわた”といっしょに焼いたやつは絶品でした。劇団だと話すとサインしてってと言われ、店を飾る紙に3ちゅーの絵とサインをしてきました。
 
今ごろホタテ屋さんのメニューのとなりに3ちゅーVery much!?のサインが飾ってあるはずです。
 
 
006
どうですか、この立派なホタテ!
 
熱々に醤油ちょいとたらして、ふうふうしながらあちっあちっ・・ん~っ美味い!いやほんと美味かった!
 
 
007
うに丼sweat01です。
 
新鮮な“うに”がたっぷり!期間限定1600円sign03
 
ちょっと普通じゃこの値段では口にできません。
 
ホタテに舌鼓を打った我ら3ちゅー班一行は、海鮮料理のお店に直行、ひろこちゃんと咲希ちゃんは速攻こちらを注文いたしました。
 
 
函館と言えばなんといっても“いか”函館の方はなんでも、毎朝新鮮な“いかそうめん”をめしあがるとか・・・。とにかく函館と言えば“いか”です。
 
 
008_2

そしてこちら新鮮な、いか丼sweat01
 
いかの甘味といくらのコラボレーションが絶品!(じゅんちゃん談) こちら1000円と大変リーズナブル!
 
 
009
え~・・いくら丼sweat01です。
 
あまり説明の必要はないかと思います。
 
こちら1200円と九州ではあり得ない値段・・・
 
すみません・・・
 
うまかったあぁ~!catface
 
 
苫小牧に上陸し、翌日こちら函館にやって来て、一日お休みをいただいた3ちゅー班一行は、この美味しいものが目白押しの観光スポットへ、いの一番にやって来たと言うわけでございまた。
 
 
我ら3ちゅー班一行、のんびり観光にやって来たわけではありません。
 
素敵な出会いを求め、楽しい芝居を観ていただくため、20時間も船に揺られ、はるばるやってまいりました北海道!
 
 
010
写真は室蘭子ども劇場さんでの記念撮影。
 
Openを1ステージと3ちゅーを2ステージ取り組んでいただきました。
 
とってもとっても元気な劇場さんで、ほんとに楽しみに待っていてくださって・・・
 
いやが上にもこちらのテンションは上がりっぱなし、客席も舞台もボルテージは最高!盛り上がりました。
 
Open観て、3ちゅーも観てみたいと乗り入れで両方観た方も結構いらっしゃいました。
 
 
011
4~5才の女の子がお昼に作ってくれました。
 
ほんとにすごい!感動しました。crying
 
食べるのが惜しい!て感じでした。美味しかった!
 
みさきちゃんありがとう!scissors
 
 
012
会場のいたるところにこうした飾りが、心のこもった取り組みに、芝居楽しんでもらわなきゃと気合いが入りました。smile
 
 
013
ところ変わってこちら札幌、大通り公園のイルミネーション。shine
 
稚内から札幌へ移動してきた我ら3ちゅー班一行は、かねてよりお約束の、ドン・ヤカチーノとの再会を果たしたのでございます。
 

 

 
014クリスマスムード満点のライトアップ。
 
さて、ドン・ヤカチーノ。
 
彼とは福岡西部子ども劇場の40周年行事で共に困難なミッションに挑んだ、闇の結社ブラックシャドーの初代ボス。
 
その後、活動の場を北海道に移し、北の海に沈んだ!などと言う噂も流れましたが、なんの北の大地で意気盛んでございました。
 
その北海道に3ちゅー班一行が乗り込んでくると言う事で、札幌観光案内を買って出ていただいたと言うわけでございます。
 
この日は、サッポロビール園でジンギスカンなど食したあと、大通り公園のイルミネーション見物とシャレこんだのでした。
 
 
夜公演で空いた昼間の時間を使って、ヤカチーノの案内で市内観光へ。
 
 
015
写真、ポーズをとる咲希ちゃんのとなりの方は、羊ヶ丘公園の

クラーク先生dash “少年よ大志をいだけ”
 
 
016_2
これ ジャンプ台sweat01 です。
 
大倉山の ジャンプ台sweat01 です。
 
リフトで ジャンプ台sweat01 の上にあがる途中に撮ったのですが・・
 
高所恐怖症の私はとにかく怖くてこのような写真しか撮れませんでした。
 
さくの向こうに選手が滑って行く斜面があるのですが、それはそれは急角度で、こんなところ高速で滑って さらに100メートルくらい飛んじゃうなんて同じ人間とは思われません・・・
 
この環境は過酷です・・
 
ジャンプの選手てすごい!good
 
 
017_2
右上の建物まで上がるのですが、私にはこの角度と高さ・・・
 
恐怖 です。
 
それでも上がる時は、上を見ているのでまだいいのですが・・・
 
下りは 最悪 でした。
 
この角度で200メートルくらい降りてゆくのです。
 
足元から山のふもと、さらに札幌市街が一望できる大パノラマ!自分が座っているリフトには、か弱い手すりがあるだけ・・
 
これが怖くなくてなにが怖い。shockshockshockshockshock
 
しかもふたり掛けのリフト、となりに座った元気くん・・・
 
大騒ぎする私に目を輝かせ、リフトを揺らすわ私をこずくわ、私をさらに恐怖のどん底に突き落としたのです・・・
 
フッフッフ・・
 
元気くんおぼえてろ (T_T) dash
 
そんな大騒ぎをしながらの市内観光、楽しゅうございました、ヤカチーノありがとうございました、感謝です!
 
 
018
2週間の北海道ツアー・・
 
大雪を覚悟してやって来たのに・・
 
雪に出会わず寂しいなぁと思っていたら、最後にやってきました!吹雪です。
 
前日、積もるんじゃないかなと思っていたら、そのとおり、朝窓開けたらどっかり積もっておりました。snowsnow
 
 
この日は、砂川の北光小学校での公演。
 
新型のあやつの影響で別の作品をやる予定だったのに延期になりこの日に3ちゅーを公演することになったのです。dash
 
 
019
写真は体育館にバスを横ずけしたところですが 、最初学校について体育館に寄せようとしたところは、雪が深すぎてスタッドレスも役にたたずタイヤが空回り、場所をかえてやっとの思いで横ずけすることができました。
 
 
020
このあと雪はさらに激しくなり、かなりの積雪となりました。
 
我ら3ちゅー班一行にとっては、待ち望んだ雪景色です。
 
荷おろし、荷積みは大変でしたが、やはりこれが北の大地の醍醐味と言うんでしょうか、じろべぇどんの長靴も大活躍だったことは言う間でもありません。
 
 
021
北光(ほっこう)小学校の五年生のみなさんです。
 
公演後、一旦教室に戻った後、一言感想をかいて持ってきてくれて、是非記念撮影したいということでこの写真となりました。
 
優しい先生と明るい子どもたちでした。子ダヌキ役の先生すごく可愛いかったです。
 
延期になったけど公演できてほんとによかったです。
 
 
今回の北海道ツアー、写真は撮れませんでしたが、Openを三回目取り上げていただいた函館子ども劇場さん3ちゅーでも出会っていますし、ぴーかぶーでも2回出会っていてほんとにいつも元気な劇場さんで、いつもこちらがパワーをいただいています。
 
そして札幌の劇場さんにも今回Open2ステージ、3ちゅー4ステージお世話になりました。
 
毎回たくさんの会員さんでうまり大盛況でした。
 
毎回手のかかった、そして心のこもったお昼ご飯、小夜食ほんとに美味しかったです。
 
美味しいもの食べて元気いっぱいお芝居することができました。
 
 
なんだか、お別れするのなごり惜しくて後ろ髪ひかれる思いで砂川へ向かいました。
 
 
ほんとにほんとにお世話になりました。
 
 
ありがとうございました。
 
 
3ちゅー班一同。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

じろさんぽ Vol.2

みなさまこんにちは。

気がつけば、はや師走。めっきり寒くなりまして、気温が下がったと言っては“あ”・・乾燥してきたと言っては“あ~!”・・ 新型のあいつが悪さをしておりますが、みなさま いかがでしょうか。新型のあの野郎ほんとにシャレになりません。angry
特に幼児や小学生、中学生の間に広がり私ら風の子九州のような劇団の、大切な出会いを奪っております。
このやり場のない怒り、どうしてくれよう・・許さんぞ!dash て感じです。すみません長くなりましたが・・・
 
さて、ほんとご無沙汰でございましたが“じろさんぽ”第二回です。
 
今年の10月~11月は例年になく旅に出ることが少なく(新型のあやつのせいもあり) あちこちをぷらぷらとはいかず・・・そこで今回は思いっきり身近なところをぷらぷらしてみました。
 
 
001
写真は風の子九州の事務所 and 稽古場です。

私“じろべぇどん”は、ここで生まれ育ちました。私の祖父が戦前に、ここ(福岡市の西新町)に土地を買って家を建てました。以来ずっとここで暮らしてきた訳ですが、風の子に建て変わる前は、平屋の昔ながらの日本家屋でした。天井も、床下も高くて庭があって、草や木がたくさん植わっていて私が子どもの頃は、ねずみや イタチ、蛇もいました。便所はボッチャントイレで、ある日 便器の中をのぞくと薄暗い下の方に“手”があって 恐怖のどん底に落とされた私は、しばらくトイレに行けず・・・しかぶりましたcrying(博多弁でお漏らし)。それは、くみ取り屋さんが落としたゴム手袋でした。
 
 
002
風の子九州の事務所の前の道です。

この道は、1976~7年くらいまで舗装されていませんでした。小学校の頃は近所の子と棒きれで道に線を書いて“ひまわりおに”などをしょっちゅうやってました。赤い看板は、最近店をたたまれた“みゆき食堂”博多弁丸出しの通称 みゆきのおばちゃんが、この場所で40年くらい定食屋さんをやっておられました。その以前ここは、洗濯屋さんでした。同い年くらいの女の子の姉妹がいてしょっちゅううちに来て遊んでました。そこのお母さん、すごい美人だったなぁ・・幼い記憶に鮮明に残っています。まみちゃんとくみちゃん、どうしているだろう・・。
その向かい側は、今コインパーキングですが、1965~6年頃までは雑貨屋さんでした。私はまだ小学校に上がる前だったので記憶がおぼろげですが、確か豆とか乾物とかあと駄菓子やアイスクリーム、ジュース、あと日用雑貨などを置いていと思います。おやつのアイスクリームは必ずここで買っていました。その雑貨屋さんをしていた家族が店たたんで引越していった後に、みどりパーマという美容室ができました。近所のおばちゃんたちはみんなここでパーマをあてていたのではないかと思われます。同級生の女の子と、ひとつ上の兄ちゃんがいてよくいっしょに遊びました。子ども劇場にもいっしょに入っていてサークル会いったりキャンプもいきましたし、いっしょに劇をやったりもしました。そのひとつ上の兄ちゃんは風の子の研究所の九期生なのですが、高校出て一年くらいして研究所へいきました。当時 僕はまだ芝居をやっていこうなんてことは全く思っていなくて、東京の劇団の研究所に行くんだよと聞いたときは「うわぁ~すごいなぁ、なんか華やかなとこいくんやなぁ・・・芸能界にいくんやろかぁカッコいいなぁ」と思ってました。児童演劇のことなどさっぱりわかっていませんでした。
 
 

003_2 さて劇団の事務所を出て、年末などの賑わいでニュースにもよく出る、リヤカー部隊でも知られている西新(にしじん)商店街に通じる路地です。

手前の右側にこのあたりではここのケーキは相当美味しいと評判の店、その手前には、いつもお客さんがいっぱいの焼きとり屋さん、その向かいに風の子九州御用達のコーヒー専門店、その向こうには風の子九州御用達のたこ焼き屋さん、商店街へ向かってゆくとボリュームの多さが印象的な洋食屋、パソコンの店に洋服屋 アクセサリーの店にブティック風の店 お好み焼き屋 スパゲティ屋さん、その他ラーメン屋にもつ鍋屋さん、飲み屋さんと、ほんとにたくさんの店がこのせまい道の両側にひしめいています。今から40年くらい前、私が小学校低学年、1967~8年のころはずいぶん様子が違いました。
写真の右側の真ん中あたりにお風呂屋さんがありました。近所には、お風呂のない家は普通でした。私のうちにはありましたが当時は確か石炭で沸かしていました。薪をいれ新聞紙に火をつけ薪に火がついたら石炭をくべていました。そうすると石炭の燃えかすが出まして、その燃えかすを家の前の道にすてて踏み固めていました。近所には石炭の燃えかすを踏み固めた跡を結構見かけることがありました。ちなみにうちは、ほりゴタツだったのですが中はレンタンのアンカでした(カタカナの単語の意味が分からない方は周りの人に尋ねてみてくださいね)。さてお風呂屋さん、ここには ひとつ上のお姉ちゃんと三つくらい下の男の子の姉弟がいて時々開店前のお風呂屋さんに上がって遊んだ記憶があります。みじかな存在だったお風呂屋さんは、しばらくしてなくってしまい、近所ではまったくと言っていいほどお風呂屋さんはなくなり、後年東京に住んだ時、当たり前のように近所にお風呂屋さんがあり、なんだか不思議な感じでした。この通り、その頃あとはカメラ屋さん 床屋さん 靴屋さん 花屋さん 洋裁屋さんそれだけだったかなぁ・・路地のすき間に公衆の便所・・ほぼ肥だめ状態のトイレでした・・トイレの無い家も多かったのかなぁ・・・
 
確かなのは、今よりうんと近所の人たちのことをよぉく知っていました。
 
 

004 え~とこの通りは通称マイカー道路。この通りはわりと早く舗装されました。
 
おそらく小学校上がる頃で、記憶の中に、足でこぎながら三輪自転車で傍の原っぱに遊びに行った記憶があります。今まで一番古い記憶のひとつだと思われます。

数年もしない内に朝晩は大渋滞が起こる道路になりました。都市高速が西に伸びるまでは朝7時から8時の間に仕事で急ぐ時は、誠に悩ましい通りになってしまいました。

今は当たり前のように都市高速を利用し、その便利さを忘れておりますが、朝早く遠方に公演で出かける時は所要時間の短縮でずいぶん楽になりました。
 
 

  

 
005
桜です。十本くらい植わっていますが、春ともなればそれは見事に咲き誇ります。
 
この桜が植わっている、ちょっとした広場、そしてその奥は風の子九州のお芝居を毎年観ていただいていてほんとにお世話なっている保育園です。この広場と保育園の場所は40年前は池でした。田んぼに引く水をためる溜池だったのです。この辺り、今は競うようにマンションが立ち並んでいますが、その頃は少し歩けば広々とした田んぼがありました。この溜池でよく遊びました。カエルやザリガニ、ミジンコやイトミミズなんてのがいっぱいいるそれはそれは魅力的なところでした。そのうち田んぼが減り、池の水は使われなくなり、池水は濁って腐りどぶになりやがて埋立られました。ある日池に行ってみると、池はなくなっていて景色がすっかり変わり・・愛着のある池だったので・・なんというのか・・心にぽっかり穴が空いたような気持ちになりました。
 
 
006
埋立られたところは、何もない広場になりました。

これは広場の中から保育園の方を見ていますが、この保育園がなかったのでかなりの広さがありました。草野球ができるくらいの広さはありました。そう当時、大ヒットしていた少年漫画「巨人の星」にはまった近所の少年たちの格好のグラウンドになったのです。私は小学校 3~4年生でしたが多分に漏れず・・・このグラウンドで、主人公の“星 飛雄馬”の足を高く上げる投球フォームで、投げたボールは あさっての方へいってしまうキャッチボールをしたり、“消える魔球”はこういう仕組みになっているとまじめに解明しあったり、バットを片手で持って外野を差し“星くん・・大リーグボールを・・!”と叫ぶ、予告ホームランごっこ・・・よくやりました。その頃は夏休みともなれば、ひとりでここにきて壁にボールを投げていてら必ず誰か友達がやってきて5人対5人とか少ない時は3人対3人、塁をひとつ減らし三角ベースと言うルールで、守り手が異様に少ない草野球をほぼ毎日やっていました。
ちなみに私は、投げるのはものすごい“ノーコン”(ノーコントロール)でしたが、バッティングと走塁にはかなりの自信を持っていました。baseballbaseballbaseball

当時、DH(指名代打)というシステムがあればもっと活躍したんじゃないかと悔やまれます(^O^)
 
 
007_2
広場と保育園のすぐとなり成人病センター、字のとうりさまざまな成人病を専門に診る病院です。hospital
 
私はまだお世話になったことはありませんが、しかし来年は50になろうかという身には、そろそろ用心したほうが、とたまに思ったりしてますが・・なんてなことはさておき。この成人病センター、もとは西新病院という福岡市立の総合病院でした。僕はここで生まれました。母は、陣痛が始まってもうすぐ生まれるという時になって家を出たそうで、もうちょっと我慢しなさい!もうすぐよっ!と言われ“あいたたたたっ” と言いながら、歩いて2分ほど、溜池の脇の道を通ってこの病院に駆け込んだと言うことでした。病院は注射をするところで嫌いだったけれど、この西新病院はふる~い病院でしたが、すごく愛着がありました。なくなってしまってちょっと寂しいです。ここで生まれてもうすぐ50年・・・半世紀・・今 生きている自分がなんだか不思議です。
 
 
008
グルッと視線を移して、こちら西新商店街。
 
たくさんのお店が並んでいます。大型店舗の進出で、シャッター商店街なんて嫌な言葉が出てきて大きな社会問題になっていますが、この商店街は昔からほんとに賑やかで、今もその活気は色あせることはありません。なんといっても賑わい効果を高めているのは“リヤカー部隊”写真のほんの4~5メーター先から、新鮮な野菜や果物 朝とれたいろんな種類の魚介類 干物に漬物 お惣菜、ありとあらゆるいろんなものをいっぱい積んだリヤカーが ところ狭しと並びます。売っているおじちゃん おばちゃんは市場で仕入れて来ると言うよりも、自分の畑で作ったものや 漁ってきたものを売っている場合が多いそうです。子どもの頃からこの商店街の賑わいとリヤカー部隊の風景は買い物に出かける嬉しさとともに、当たり前のものでした。小学校に上がるか上がらない頃、母の買い物にしょっちゅうついて行き魚屋さんで買った魚を目の前でさばいているのを見るのが楽しみで、その手際の鮮やかさと活気にワクワクさせられました。その賑わいがほんとに魅力的でした。後年 劇団に入り東京に住んだとき、初めてのひとり住まいの不安のなか、住んだ下北沢に商店街があり、この西新商店街に似ていてすぐに好きになりましたし、以降全国各地を一ヶ月、二ヶ月と旅するようになり、旅から戻ると移り住んだその商店街で、ああ東京に帰ってきたと思うようになっていました。
 
 
009
劇団事務所から西新商店街に出た位置で西を見た写真です。

ずうっと、ずうっとまっすぐ行くと海岸線を走り佐賀県は唐津まで続く国道につながっています。新しい店、昔からの店入りまじり、いろんな種類 多種多様なお店が並んでいます。お肉の勉強屋 上野仏壇店 喫茶店のダンケ 山口内科 饅頭屋さん 魚屋さん 和菓子屋さん 西新模型(プラモデル屋) こだわりの日本酒 焼酎の酒屋と、私が子どもの頃、それ以前から続いているお店もたくさんあります。こちらの方はリヤカー部隊は出ませんが、やはり活気に陰りは感じられません。リヤカー部隊からの影響もありますが、この商店街と平行して走っている国道を挟んだすぐ向こうに公立の高校と私立の高校、それに私立大学があり 若者がぶらぶらする街でもあります。そうした若者が立ち寄ることも活気に影響を与えています。そして何よりこの商店街の周辺にたくさんの人が住んでいる、大きな駐車場がなくてもたくさんの人が買い物にやってくる・・さらに路線バスと地下鉄の連携での便利さが、人の流れをスムーズにしています。この商店街にはたくさんの同級生がいました。 お米屋さんの関さん宿題を学校に忘れて、よく教えてもらいました。 魚屋の鳥巣くん お店の奥にある自宅にしょっちゅうお邪魔しました。床屋の時枝くん、めっちゃ勉強のできるやつでした。・・・仏壇屋の上野くんは小学校3~4年の時いっしょのクラスでほんとによく遊びました。今は店を継ぎ葬儀屋さんがメインで、祖母や父の葬儀では大変お世話になりました。
この商店街のいっかくに風の子九州があり、自分がそこのひとりとしていることになっているとは・・・と言うより、自分が生まれ育った家が、なんと劇団の事務所兼 稽古場になっているとは・・・私の家族、誰も思っても見なかったのですが・・私の親父にいたっては、“お前は劇団なんかに入って生きていけると思っているのかぁ!自分で食えるもんなら食ってみろぉ!”と猛反対だったんです・・・でも今、こんなことになってます。
 
さあて、“じろさんぽ”次回は、どのあたりを歩くやらさっぱり見当もつきませんが、また忘れた頃に ほいっと登場すると思います。皆様 悪いウイルスなどにやられませんようお気をつけて。それではまた。
 
じろべぇどん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なるほど岡山県

こんにちわ~♪
なるほ堂班です(^^)/

今回は!12月2日に岡山県で出会った音楽隊のみんなを紹介しま~す☆

今日もいつも通り体育館で準備をしていると…
先生がパソコンとスピーカーを持って来てくれたでわありませんか!
これはいったい…(゜゜)?

な!な!なんと!
今日参加してくれるみんなが、音楽隊の歌&大きな地球の小さな場所で(テーマソング)のスペシャルバージョンを学校の発表会で、発表してくれた

時の映像を見せて下さったんですw(゜o゜)w
内容がこれまた凄い!!
☆可愛くフォーメーションが変わっていく音楽隊の歌
☆ワクワク♪のリコーダー演奏
☆テーマソングの合奏&合唱
などなど!もぉ凄かった~

さらに!!今日のリハーサルの後にも、スペシャルバージョンのテーマソング♪を
私達のために“生”で歌ってくれましたー!!!
091202_115337

感動しましたー!!!

そして本番☆
一度舞台を経験してる皆は、さすが!!大きな声でバッチリ歌ってくれました♪
091202_144520

終演後に、ワクワク♪をバッチリ歌う1年生を発見!とっても可愛かったです☆

みなさんお世話になりました♪

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

なるほど広島県

こんにちわ♪
 
引き続き“本物の舞台芸術体験事業”を毎日楽しんでる♪
なるほ堂班です!
 
 
11月19日に広島北特別支援学校で公演をさせていただきました♪♪♪
公演日から時間があいてしまいすみません(>_<)
 
 
当日の朝、少し緊張して到着したのですが、本番前のリハーサルでみんなと再開したら…
もぉ緊張なんか吹き飛んじゃいましたー☆
みんな笑顔でお気に入りのスカーフをつけて!さらに楽器を持ってきてくれたり
♪素敵な音楽隊になって元気に体育館に登場!!
「楽しみにしてたんだよ!」と話してくれました(^^)
 
さぁ本番!!!
歌も踊りもバッチリ☆
楽しかったー☆
劇中も、良太の家のシーンで家族が増えたり♪闇の扉の吸い込む力がパワーアップしたり♪と、ワクワクドキドキのとっても楽しい公演になりました☆
 
091119_143738
 
終演後、参加したみんなが「楽しかった!」「感動した!」
っと笑顔で言ってくれて
私も感動しました(^^)
 
保護者の方からも、写真と「喜んでいました!ありがとうございます。」と、メッセージをいただき、ブログにも素敵なコメントを書いていただきました☆
ありがとうございます♪♪

そしてそして!
みんながつくってくれた焼きたてパン☆
091119_170003
とっても美味しかったです☆
可愛い絵とメッセージもありがとう(^0^)/

みなさんお世話になりました♪
ぜひまたお会いできる日を楽しみにしています☆

| | コメント (1) | トラックバック (0)

御礼状

01

風の子倶楽部の会員さんより写真が送られてきました。wink
 
ももちパレスでの「なるほ堂ものがたり」の公演の最後に役者さんから手渡した御礼状を玄関に飾っていただいてるそうです。shine
 
中学生の息子さんが美術の時間につくった写真立てがまるであつらえた様にピッタリだそうです。
 
ありがとうございます。
 
製作者の北原 大地も喜んでおります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »