« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

子ども劇場せたがや

081223_230101

なんなんなんでマン班なんです
 
今日は子ども劇場せたがやの皆さんと公演してきました、写真はお昼に頂いたパンです、(皆で写真取り忘れてすいませんm(__)m)、風の子関係者が山程見に来て緊張した公演になりました、大人も多くいつもと違った感じでしたが良い雰囲気でした、マー君は朝飯の時から緊張してましたが(^m^)
それでは皆さんゆう兄ちゃんはマー君のお兄ちゃんではなくなります(屮゜Д゜)屮
違う作品で逢いましょう~
 
なんなんなんでマンッ!プシュー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誕生日の3ちゅー

01
自分の姿を自分で撮影するのは難しいです。鏡に映った姿を撮ったのですが、どうしても手がぶれて上手くいきませんでした。なんでそんなことをするのか不審に思われるでしょう?ヘッへッへ!ちょいとお楽しみのミッションが進行中なわけです。
 
02
はい、そしてこちら3ちゅーVery much!の“しっぽ”役、ひろ子ちゃんです。どうしたんでしょう?何か訴えたそうな微妙な表情ですが・・実は12月5日は ひろ子ちゃんの誕生日なわけです・・・が、この日は12月4日誕生日の前の日、この前の写真でも紹介したように、この日の朝フェリーで大阪に着きそして名神高速をひた走り岐阜までやってきました。つまりあの写真を撮ったその日の午後と言うわけで、えっ?なに?“だからどういうことかっ”て?まぁまぁ落ち着いて。
 
03
はい、そしてこちら。このなにやら勝ち誇ったような得意気な3人の表情。何故!先ほどのひろ子ちゃんの表情といい、いったいなにがァ!えっ?あっ、ひっぱり過ぎ?m(__)mつい・・・えー、それでここはですね岐阜のホテルでして、まぁ簡単に言うとひろ子ちゃんの誕生日祝いをしているところ(難しく言っても)なのですが・・1日早いわけです。なぜかと申しますと、風の子九州は代々“サプライズ誕生日祝い”を行う昔からのならわしがあったりなかったり。で、あの手この手でサプライズを考えるのですが、私ら3ちゅー班としては、ややマンネリ気味で少々の事ではなかなかサプライズになりません。そこで誕生日当日では当人は何かあると構えているので油断している前日に、不意を突いたのです。その中身はこうです。
 
04
まずは最初の写真、フェリーで大阪に着き岐阜の近くまできた私らはチェックインまでちょいと時間をつぶすと称してショッピングセンターへ。そして私だけ、明日の会場の下見に行くとウソこいて先廻り、ホテルに行き、ホテルの方の協力もいただき、ひろ子ちゃんがはいる予定の部屋にケーキを持ってスタンバイ。この時にこのワクワクを掲示板に載っけようと鏡に向かい、手がぶれるのを押さえつつ撮影。そうこうしているうちに残りの三人が到着何も知らずホテルの人(しょっちゅうお世話になるご夫婦で経営されてホテルでその奥さん)にカギをもらい部屋に入ったひろ子ちゃん。誰もいないはずの部屋の洗面所の水がいきなりながれ、びっくりして扉を開けようとしたところでギターが“ジャァ~ン”洗面所の中からロウソクに灯のともったケーキ、廊下からはブレゼントを持ったじゅんと咲希ちゃん〓HappyBirthday to You~〓・・その直後の表情が次の写真ご覧の表情「え゛~!やられたぁ〓」て感じでしょうか。そしてまんまとしてやったり!の三人の表情と続
くわけです。ここで、みなさんの質問に二つ答えなければならないですね?はい、えープレゼントはなんだったのか。それはですねェ・・・あれです、あれ!身につけるものです、後は言えません。本人に聞いてみましょう!そしてもうひとつ、お年はいくつなのか。それはですねェ・・言えません・・写真のロウソクを数えてみるのもいいかもしれません。後は本人に聞いてみましょう!ではまた。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

姫路こども劇場の皆さんと

081220_163004

なわけでなんでマンなんですが("な"が多い)
 
今日は姫路の皆さんと公演しました、大変のりのりなお客さん達で僕達ものりのりでバクーと戦えました。
 
最前列の子ども達は最後には笑い疲れでぐったりしてました。
 
それでは岐阜でバクーの目撃情報があったのでイッテキマ~ス
 
なんなんなんでマンッ!プシュー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ごめんなさい~(;_;)

01
別府親と子の劇場の皆さん
 
うぇ~んごめんなさい~ブログ遅れてごめんなさい~、なんでマン班です~
別府親と子の劇場の皆さん写真ブレててごめんなさい~
 
まー君は元気です~、これから関西、関東あたりにバクーが現れたという噂を聞いたので、退治しに行くと張り切ってます~
でも僕、弱虫ケムシはビクビクです~(;_;)
 
姫路、岐阜、せたがや、ゆめひろばの皆さん僕を守って下さい~、お願いします~、会える日を楽しみにしてます~
 
それでは…
なんなんなんでマンッ!プシュー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いちょーと3ちゅー

01_2
いちょーに3ちゅー。呑みすぎ食べすぎ胃のもたれに風の子薬品の3ちゅー!・・・m(__)mすみません、つまんないこと書きました。えー、銀杏です。写真で伝わるかどうか、思わずみとれてしまいました。
02_3
宮崎県は高鍋町から車で15分くらいの都濃町の都濃南小学校で3ちゅーVery much!を観ていただきました。朝 学校に着いた時は公演のことしか頭になく、天気もそれほど良くなかったせいか全然気にしていなかったのですが、公演後、道具を片付け終わって、ふっと上を見上げると、青空に黄色に輝くこの銀杏です。
03_2
このところスケジュールも立て込んでいて、なんとなく余裕のない日々を過ごしていたのですが、何か深ぁ~い深呼吸をして身体中の悪い空気を吐き出しそして綺麗で新鮮な空気が入っていくような、心も身体も元気になっていくのを感じることができました。
04
子どもたちは授業が始まっていたので主任の先生と教頭先生と銀杏に見送られ学校を後にした我ら3ちゅー班は、次の日延岡で公演しその夜 宮崎の港からフェリーで大阪へ向かったのでした。

おまけ・・                                      

そして3ちゅー班を乗せたフェリーは次の日のあさ7時30分頃大阪南港に接岸。朝早いためなんとなく寝ぼけまなこ、画面も寝ぼけております。 05
06
この船は宮崎から乗ったため、いつも乗り慣れている北九州からのフェリーではありませんが、関西 東海 北陸 関東 東北など長距離の旅の始まりは、ほとんどフェリーに乗って始まり、北海道へ行くときは大阪までフェリー、そして京都の舞鶴、あるいは福井の敦賀まで移動し、そこから更にまたフェリーで北へ向かいます。そしてその方面からの帰りもやはりフェリーに乗って九州にたどり着くと言う、公演活動にフェリーは欠かせない乗り物である訳なのですが、快適な船旅でついつい“ささ”を過ごしてしまうのが悩みの種であります・・なんちゃって(^O^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんでマンです~

081212_201601

なんでマンなわけです、久々なわけです、汗の量が半端じゃないです、汗臭い為プレゼント係の子どもに泣かれるわけです
 
なわけで只今なんでマン公演中です、本日(12日)むなかた子ども劇場の皆さんにお世話になりました、来て下さった皆さん音響のトラブルで開場時間が遅れ大変ご迷惑おかけしました、お詫び申し上げます。
 
手伝って下さった皆さん、ステージ後のプチ交流出来て嬉しかったです
また逢いましょうね~っっっ!
 
でわ!
正義の味方っ!!!?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

サダリと3ちゅー

01
移動中のマイクロバスです。福岡は鞍手郡の小竹南小学校で3ちゅーVery much!の公演でした。にぎやかそうな車内ですが、この日はメンバーが三人ほど増えました。11月16日福岡のふくふくプラザで“時計が止まったある日”の手打ち公演を行い、今回の鹿児島子ども劇場の高学年祭典からの日本での公演を終了した韓国の劇団サダリのメンバー三人が駆けつけるてくれて仕込みから片付けまで力を貸していただきました。左からキム・ボーギョンさん パ・キ・ジョンファさん そして、
 
02_2
おやつを食べてる ひろ子ちゃんのとなりが イ・ジュウォンさんです。日本での公演のあと他のメンバーはスケジュールの都合でひと足はやく帰国したのですが、彼女たちはお芝居の道具の事などもあり残っていたのです。前の日に公演から帰って来た3ちゅー班は事務所にいたサダリメンバーとバッタリ、3ちゅー「ただいまぁ!」サダリ「オカエリナサイ!キョウハコウエンデシタカ?【会話は日本語と韓国語が混ざりながら】。」3ちゅー「はい、明日もあります。」サダリ「エッ!アシタモアル?ミタイデス!3チューミタイデスゥー!」3ちゅー「あっ、いいですよ。ただ会場までの足がないので朝いっしょに車に乗ってもらうといいんだけど!・・てことは、仕込みと片付けを手伝ってもらうことになるけどいいかなぁ。」「エッ?・・イイデスゥ!イキマス!イキマス!」と言うわけでこの日の珍道中となりました。
 
03
咲希ちゃんとジョンファさん唐揚げにかぶりついております。公演後お昼は食べましたがまた片付けで思いきり働いたので小腹がすくわけで、コンビニに立ち寄りおやつを購入、仲良くパクついております。3人にはテキパキと要領よくほんとに熱心に手伝っていただきました。
 
04
この日急に寒さが厳しくなり、体育館も冷えびえ。子どもたちもギューッとくっついて観ていました。芝居を観て三人は、ボーギョンさん以外の二人は日本語がよくわからなかったので残念だったですと言うことでした。ボーギョン さんは何気なく使っていた捨てゼリフの間違いを指摘していただきその日本語の上達ぶりにこちらが感動した次第です。韓国ではこうして学校に出掛けてお芝居を上演するようなことはほとんどなく、劇場にお客さんに見にきてもらうというスタイルばかりなので新鮮で楽しかったと言っていただきました。私たちも準備から片付けまでガッチリ手伝ってもらい、ほんとに助かりましたし、言葉はわかんないけど、にぎやかで明るい三人といっしょでものすごく楽しい一日でした。戻って来た後三人は、車の中から教えた博多ラーメン屋でとんこつラーメンを食べ、モスバーガーでハンバーガーを食べ、そしてトイザらスでお土産の買い物をするため寒空にルンルンで出掛けて行ったのでした。エネルギッシュです!素晴らしい!ありがとうございました。
 
カムサハムニダ!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ご無沙汰です

ボターデ!!!(東ティモール)
 
てなわけでどんどこ亭なわけですけど、我々中四国公演から帰って来まして、ここ2~3日は劇場公演と子ども育成会の公演に行って来ました!
直方鞍手はお客さんの人数は少なかったけど、お母さん方も手伝ってくれた子ども達も、とても楽しそうにしてたのが素敵でした。
 
03
直方鞍手子ども劇場の皆さんと
 
劇場の輪が拡がって大きな作品も取り組めると良いですね。
 
01
わいわいキッズいいづかの皆さんと
 
いいづかの皆さんは…いつもどおりでした。
なんつって、でもいいづからしい自由に楽しむ皆さんと久しぶりに逢えて刺激的でした。
 
02_2
生松台子ども育成会の皆さんと

生松台の皆さん、楽しいクリスマス会になったでしょうか?雪がふって寒かったですけど、クリスマスらしくて良かったですよね?
P.S甲斐さんたくさんお手伝いありがとうございます(^v^)

皆さんとまた会える日を楽しみに

それではまたっっっ!
アデウス!
          ぬっくん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北九州で3ちゅー

001
10月、11月と北九州のあちらこちらで“3ちゅーvery much!を見ていただきました。北九州はもうずいぶん昔から風の子の芝居を盛んに上演していただいている地域であります。ひとつひとつの公演で、このように写真を撮りたいと思うのですが、子どもたちも給食の時間や下校の時間など忙しいかったり、こちらも片付けがあるのでのんびりできず、なかなか撮影の機会がありません・・さて、久々に撮った集合写真は北九州市の千代小学校の6年生のみなさんです。この日は2回公演で、その1回目のステージで1年生 2年生と6年生が観たのですが、お芝居が終わって子どもたちは一旦会場を出ましたが、担任の先生の呼びかけで6年生が、わあぁ~っと戻ってきてご覧の撮影となりました。6年生あたりになると、私たちのような よそ者にはちょっと引き気味だったりしますが、集まったみなさんはそのようなところはみじんもなく、それはそれは明るくフレンドリーでいらっしゃいました。
 
002
こちらは放課後、片付けをしている私たちのところへやってきた6年生と担任の小田原先生です。私たちの芝居のことや道具のこと、劇団のこと・・元気くん役は男なのか女なのか、しっぽちゃんの歳はいったいいくつなのか、果ては劇団員の普段の生活に至るまでいろいろな疑問 質問について いっぱい話しをすることができました。先生はギターを弾かれるそうで、ヨコイチの3ちゅーギターを興味深げに抱えたところでハイポーズとこの写真になりました。それから先生には1回目のステージの始まりと終わりの司会をしていただき大変楽しく盛り上げていただきました。どのように楽しかったか詳しくお伝えする機会がいつかあればいいなぁ(^o^) と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

趣味の3ちゅー

000
なんでしょうか?駐車場の向こうに、なにやら怪しげな建造物!近づいてみると時代劇のセットの様なたたずまい。オオォ~!・・写真ではわかりませんが、やぐらの上に鎧 兜の武将・・・(人形)の姿! いったいここは・・
 
 

001 さらに近づいてみると、オオォ~!(いちいちm(__)mすみません)山の上にお城が!いったいここは何なんでしょうか〓・・えっ?「早く説明しろ!」・・ あっはい。え~ここはですね“伊勢 安土桃山文化村”と申しまして三重県は伊勢市の郊外にございます、まっいわゆるひとつのテーマパークと申しましょうか、戦国時代末期の歴史や文化を取り上げているところのようです。えっ?「の・よう、とはどういうことか!」あっはい実は・・・
 
 
002
このお城、あの「鳴かぬなら殺してしまえ・・」でおなじみの織田信長さんが琵琶湖の畔に作った安土城を模して作ったもの、まあレプリカと言うところでしょうか。安土城と言えば、随分以前に実際に安土の城跡や城の一部を再建してある展示館を訪れたのを紹介しましたが、日本で最初に本格的な天守閣(信長の場合は天主閣としたそうですが)を築いた城として有名なのです。これが高速道路のインターチェンジから伊勢市街へ向かうとチラッと見えるわけです山の上に。“3ちゅー”の公演でここ伊勢を訪れた城マニアの私としてはこれが気になって仕方がない。ちょうどここで休みをいただいたのを幸いにやもたてもたまらず出かけた訳です。が・・
 
 
003
このお城・・間近で見るには、すいませんm(__)m安土桃山文化村の入場料2500円が必要です・・・で、貧乏旅役者の私としては遠くから写真だけ撮らせていただきそそくさと退散してきたと言う次第でございます。ちなみに駐車場代500円はしっかり支払いまして。で・・・
 
 

004 気を取り直してやって参りましたのがこちら“お伊勢参り”で有名な伊勢神宮。これはその大鳥居でございます。伊勢と言えばやっぱりここでしょうか。
 
005_2 

その厳かなたたずまい、静かな空気、何か心が癒される気がいたします。玉砂利を踏みしめぶらぶら散策するのに財布は必要ありません。
 
 
006
有名なので説明は不要かと存じます。しかしながら私は知らなかったのですが伊勢神宮は外宮(げくう)や内宮(ないくう)などがありまして、ここは外宮、で、説明を見ますと「外宮のご祭神である豊受大御神は食物を司る神で、衣食住を始めすべての産業の守護神として崇められている」とあります・・“すべての産業の守護神”いやぁ有名なのになんの神様だか全然知りませんでした、ベンキョーになりましたぁ!あの赤福で注目を集めましたが、静かで清楚でとてもいいところでございます。予算のある方は文化村の方もまわっていただき、そうでない方も・・観光案内してる訳ではありませんが、“お伊勢参り”いかがでしょうか。趣味の3ちゅー、今回もお付き合いいただきありがとうございました。次回もお楽しみに・・(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »