« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

第12回長崎県子ども舞台芸術祭典その二

▼東長崎実行委員会▼
01_6 7月13日に幕を開けた「第12回長崎県子ども舞台芸術祭典」のにっこりぽっかり座公演。あっという間に10ステージが終わってしまいました。
毎日のように交流会があり、沢山の方々と出逢う事ができました。

▼諫早学童の皆さん▼
02_4 25日は東長崎実行委員会さん主催。2ステージ。一時間かけて会場まで歩いてきて、一時間芝居を見て、そのまま帰るのかと思いきや!バラシ終了後にはドッジボール大会がスタート!!思い切りドッジボールを楽しんだ後にまた一時間歩いて帰ったそうです。子ども達のパワーに驚きました。「暑い暑い」なんて言っている自分が恥ずかしくなりました。

26日は諫早学童さん主催。とにかく元気のいい子ども達で、先生方は子ども達がしっかり見てくれるか心配そうでしたが、皆最後まで集中して見てくれていました。小池さんのお面のシーンで、笑いが止まらなくてお腹を抱えて転がり回っていた男の子が印象的でした。

▼上山小学校育友会▼
03_3 祭典公演ラストの27日は上山小学校育友会さん主催。
噂に聞いていたエリザベスさんをはじめ、元気なお母さん方がいっぱい。大人と子どもが半々くらいだったので、大人と子どもの笑いのツボの違いが楽しめました。
祭典でお世話になった皆さん、出逢えて嬉しかったです。ありがとうございました♪

またお会いしましょうねっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第12回長崎県子ども舞台芸術祭典

あっつ~い体育館で、お客さんも役者も
滝の汗の中での2ステージ。

自分達の学童クラブから約1時間かけて歩いて会場へ。
1時間弱の公演を楽しんで、片づけが終わった後の会場で
ドッジボール!その後1時間の道のりを歩いて帰ったとか・・・・
元気な子ども達との出会いでした。

P7250075
カーテンコールにて。 
「私達が作ったねずみの指人形です。」沢山のお客さんの前で緊張しながら渡してくれました。
ありがとうございます!^0^!

Dscf3524
子ども達が作ってくれた指人形と“にっこり扇子”のプレゼントです。

P7250088
実行委員の皆さんと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オール風の子大会2007

7月22・23日『オール風の子大会2007』がありました。
各地に散らばっている風の子のメンバーが東京の八王子に集まりました。
九州からも 21人の大移動でした。

21日には、劇団風の子国際児童演劇研究所の第25期生卒業公演がありました。
地方にいるとなかなか観られない“卒公”ですが 今回は観る事ができました。

10人の研究生による 手・足・顔・体だけで表現する <イメージドラマ> 

2部は お芝居 <また 会えます>

一年半の研究の成果を2時間の公演で出しきっていました。十人十色・・・みんないい顔でした。

22日は 午前中から会議。

夜は 長い間 ほんとに長い間 風の子を支えてくださった 神田 成子さん・岸原 鶴雄さん・清水 多喜子さんのおつかれさま会がありました。今までの感謝の気持ちを込めて 出し物大会。

23日の午前中は 講師に 小森 陽一さんを迎えて『憲法と教育基本法について』の学習会。

お忙しい中ありがとうございました。29日は選挙にいきましょう。
午後は 会議。2年に一度しか集まれない中 時間をおしながら、今の事、これからの事を熱く語り合いました。『ひとの話は、最後までちゃんと聞く。』(神田さん談)

24日は 東京都児童会館(渋谷)で、開催された 夏フェスに『なんなんなんでマン』を公演。たくさんの方に観ていただきました。
客席には風の子の人もいて、いつもと違う汗もかいてしまいました。風の子東京の皆さん、手伝っていただいてありがとうございました
暑い東京での熱い夏の出来事でした。

Dsc04339
風の子全国の代表 拓さんのあいさつ

Dsc04344
神田さん 鶴さん ありがとうございました

Dsc04355
北海道の“どんぐりと山猫”

Dsc04362
東北のコント

Dsc04376
東京の“陽気なハンス”

Dsc04380
関西の南さんのことば

Dsc04383
中四国の涙・なみだ・そして名?司会

Dsc04388
たー坊さんによる神田さんのものまね(パチンコ屋にて)

Dsc04396
全国による“ボタッ子行進曲”

Dsc04413
出し物に釘付けのみなさん

Dsc04411
九州はきー坊による”末広の独楽”

Dsc04416
伏貫さんの”滝のぼり”

Dsc04418
飛び入り参加の“たく&じろー&まり”

Dsc04422
“海よ山よわが島よ”の鬼太鼓

Dsc04401
“ぼくらのロングマーチ”の謝名元先生のうた

Dsc04427 Dsc04429 Dsc04431
八王子の稽古場いっぱいに広がって“かえり道”の大合唱

Dsc04434
多田さんも来てくれました。

総合司会は 東京の羽生田さんと 九州の恵美さんでした。お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

士別おやこ劇場

20070719200419
稚内からまたまた地平線へ続く道をひた走り士別へやってきました。

'03年に一度ぴーかぶーをやっていただいき、その後 なんでマン、3ちゅーを観ていただいて今回二度目のぴーかぶーです。今日は約70人が集まってくれました。始まりの緊張感で最初“ふぇ~っ”と泣いたり カラスが怖かったのか登場すると“わぁ~っ”と泣かれてしまいましたが、それでも最後まですごく雰囲気がよく、虹が出た瞬間に子どもたちとお母さんの歓声がひときわ大きく ワァ~ッ!上がり自分のコーナーに引っ込みながら何故か思わずガッツポーズしてしまいました。いい公演をさせていただきました、ほんとうにありがとうございました。


20070719165808_2 どうです!この“ちらし寿司”今日の小夜食です。素晴らしいです!思わず写真に撮ったのですが、素晴らし過ぎて食べるのが惜しくなってしましたが…しっかり食べました。ものすごく美味しくて、これもまたビールなど飲みなから晩ご飯としてゆっくり食べたかったです。

20070719165403

 

 

となりにチラシの絵を置くとさらにその素晴らしさが伝わると思います。【チラシと ちらしが、かかっていてまた素晴らしい】ぴーかぶーの文字は紅生姜、緑はインゲン豆、白い雲と黄色いアヒルは卵、くちばしと足はにんじんです。あと手作りのプリンもありました。これらはアンパンマンサークルのみなさんが作られたそうです。ほんとにどうもありがとうございました!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ぴーかぶーのグルメ旅!

【ぴーかぶーのグルメ旅!】

001_2
こちらご覧ください。丼に乗っているのは鰊(にしん)です。こちら鰊と数の子の親子丼、900円でございます。ここは北海道は日本海側留萌から車で20分くらいのところにある小平町(おびら)旧花田家鰊番屋でございます。大きな美しい木造建築の建物が並んでいる、海が目の前で景色の素晴らしいところでございます。建物のなかにお食事処とお土産ものコーナーございましてそのとなりの建物が資料館となっております。このあたりお越しの際は是非お立ち寄りください。

しっかり味付けして焙った鰊と秘伝のタレに漬け込んだ数の子の絶妙のコラボレーション!ご飯との相性も抜群の絶品でございます。お値段ちょっと高めではございますが量もたっぷりで満足していただけるかと思います! 美味しかったぁ

002_2
こちら鰊の塩焼定食1200円。大きな鰊の塩焼と一緒の汁物は鰊の入ったさんぺい汁!だしの効いたおつゆに大根じゃがいも白菜などの野菜と鰊がベストマッチ、至高一品でございます。

ご覧くださいこの驚きの顔、表情作り過ぎでございます。しかしこの後鰊をほうばり至福の表情に変わったことは言うまでもありません。今日は贅沢なお昼でございました、ご馳走様でした!

【最北端の地】

20070717161144_2
やって参りました!

最北端の地 宗谷岬です!

札幌から約7時間、途中北海道ならではの高速道路の様な何kmも何kmも続く直線の一般道を高速道路の様に猛スピードで追い抜いて行く他の車にヒヤヒヤしながら走りに走りたどり着きました。

 

20070717160744_1 

 
←この方は間宮林蔵さんです。サハリンを発見なさった方です、伊能忠敬さんともお知りあいだとか。

 

 

20070717161707_1
この日はあいにくの曇り空、時々陽が射してはいましたが気温は15℃!吹く風の冷たいこと、思わず震えてしまいました。ここからは遠く遥かにサハリンを望むことができるそうですが立ち込める曇に阻まれてその姿を見ることはできませんでした。我等が愛車のマイクロバスもとうとう宗谷まで走りました。南は最西端の与那国島へ荒波を渡り、そして去年の今頃は大雨で洪水の鹿児島、12月には氷点下の函館から釧路まで12時間走り抜き、最北端の碑をバックにバスを見ていると感慨深いものがありました。

【稚内子ども劇場】

20070718192942
九州としては旭川の祭典があった9年前にとっぴんしゃん以来ではないかと思うのですが、久しぶりの稚内、みなさんに元気に迎えていただきました。幼児の親子約50名位が集まってくれました。ちょっと緊張気味で目をさらの様にして見ている子どもたちの後ろでからだをゆすって笑いころげるお母さん方が印象的でした。 あっという間の40分でもうちょっといたいなぁという感じでした。そしてホタテや利尻産の海苔の入った小夜食は絶品でした!みなさんほんとにお世話になりました、ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あっという間に

13日に始まったにっこりぽっかり座長崎祭典公演、あっという間に5日が過ぎました。

004
佐世保東部地区実行委員会

14日は「佐世保東部地区実行委員会」さん主催。14日といえば『台風』が九州に上陸した日。前日からニュースを見ながら心配していました。公演実施を最終決定したのが15時。ちなみに開演は18時。実行委員会の皆さんは物凄く不安がいっぱいだったようですが、沢山のお客様が来て下さいました。台風も公演中は静かにしてくれて、公演が終わるのを待ってくれていたように終わってすぐに雨が振り出しました。

15日は「平戸南部地区健全育成連絡協議会」さん主催。スタッフはお父さん方が多くて、あっという間にバラシが終わりました。交流会では漁師さんの話を聞かせて頂きました。漁師さんと飲む機会なんて初めてだったので、とっても刺激的な時間でした。平戸のヒラメの刺身食べたかったなぁ~~
なんて考えていたら写真撮るの忘れてました。

  

001_1
松浦子ども舞台芸術祭典実行委員会

16日は「松浦子ども舞台芸術祭典実行委員会」さんの主催。幕を開けてみると客席が足りなくなるくらい、沢山のお客様!市長さんまで来て下さっていました。実行委員長の川副さんは沢山のお客様を目の前にして涙ぐんでいました。
交流会では公演までのいろんな想いを伺いながら、藤田さんとコガさんの漫才に大笑い!芸達者な方々で、いろんなお面を作って笑わせてもらいました。

  

002_1
白川さん永田夫妻と

劇場の永田夫妻からは素敵なTシャツのプレゼントを頂きました♪そして白川さん、永田夫妻を囲んで記念撮影。いつも沢山の笑いをありがとうございます。

  

003_1
にっこりぽっかり座Tシャツ

この5日間毎日交流会があって、沢山の人と出逢い、いろんな話を聞かせていただいています。衣装がキツくなった気がするのは気のせいでしょうか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北海道でぴーかぶー!

20070714155659

7月4日に福岡を出てフェリーで二晩寝て小樽に着きました。

蒸し暑くて汗みどろで3ちゅーVery muchを終えてその夜の船に乗っての北海道なので船からおりて、もうどうしちゃったの?てくらい気持ちよくて爽やかな天候にびっくり、さすが北海道て感じです。余市子ども劇場から始まり苫小牧西子ども劇場 そして函館子ども劇場、ここではぴーかぶー初めて一日3ステージを経験し、 一日おいて札幌に入って来ました。
北、南、豊平、東そして 西の劇場でお世話になりました!どの劇場も心から楽しみに待っていてくれました。 去年見て今年もまた見てくれた子や4年位前に上の子が見て今回その後に生まれた下の子が見ましたと言う方もありました。ほんとに嬉しい限りです!
さぁそして9月には札幌では  なるほ堂物語を取り上げていただいています。

きっといい出会いになることでしょう。

みなさん大変お世話になりました、ありがとうございました!

20070714155604

だっこされてるのは生後3か月の子です。パッチリと目をあけて、じぃ~~っと最 後まで見てくれました。この日のステージは、なんといっていいかぴーかぶーにごく稀に現れる、今まで何回しかない虹がかかった様な公演でした。

20070709145032

これは初めての一日3ステージの一回目です。さぁこれからやるぞ!とはりきっています。

20070709145104

このはつらつとした表情が回を重ねる度にどのように変化するのか記録しようと試みてみたのです・・!

20070709192800_1

これが3ステージ後の表情、いかがでしょう?少しは変化が見られるでしょうか・・・ちょっと小芝居入っているやに見受けられますが・・。

20070709193128

これも3ステージ後、ちょっとアゴ上げた方が疲れた感じになるのでは、とこの表情、いかにも頑張りましたといった感じに見えるでしょうか。この後劇場の渡辺さんのお宅で元気に美味しいお酒とお料理で交流会盛り上がったことは言うまでもありません!

20070709192635

食べてしまってから撮ったのでこの様な写真で残念なのですが、この日はお昼も小夜食もほんとに手のかかったご馳走がズラリとならび、美味しくいただいて元気に3回公演することができました。御馳走様でした!お世話になりました、ほんとにありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長崎県子ども舞台芸術祭典公演スタート

01_3

『長崎県子ども舞台芸術祭典』のにっこりぽっかり座公演が昨日

スタートしました。

祭典初日は佐世保の「みんなよっといで実行委員会」さん主催の

公演。

公演では一歳くらいの赤ちゃんが手を叩いて一緒に遊んでくれて

いたのが印象的でした。

終演後には「私にっこりぽっかり座見るの三回目なんだ」と三姉妹

が嬉しそうに教えてくれました。

 

03_2 バラシが終わった後は近くの消防

の会館で交流会。

地元の公民館の館長さん数名も

参加されていたんですが、その中

でも小池さんと写真に写っている

館長さんが面白かった!

02_5

 

小池さんの事を「弟」と呼び、小池さん

も「兄ちゃん」と呼び…

…確かに似てました(*^o^*)

 

 

みんなよっといで実行委員会の皆さん、お世話になりました!

またお会いしましょうねっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鹿児島県に26番目の劇場が誕生!!

鹿児島県子ども芸術祭典を、毎年実行委員会で取り組んで

くださっていた加世田の皆さん。

“パンプキンズ”~“かぼちゃ劇場”を経て、今年57世帯

116名からの出発です。

6月30日発足総会には、祭典で一緒に取り組んできた劇団

の人たちやまわりの劇場の皆さん、加世田市長さん・文化振

興係長さんもおみえになりました。

寄せられたたくさんの祝電にも、加世田子ども劇場の誕生の

お祝いと、これから一緒に活動してゆける喜びがいっぱいつ

まっていました。

P001
表  紙
「みんなの夢が浮かんでいる 素敵な表紙です」

P002
こんなことしてみたいなぁ
「自主活動や例会への期待がいっぱい」

P003
07’活動計画
「年に一度の地域での公演だけではなく、これからは一年を通してた~くさんの楽しいことが!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

にっこりぽっかり座公演スタート

070710_125501

今日からにっこりぽっかり座の公演がスタートしました。

去年三月以来、久しぶりの玉木・小池・谷畑の三人組。

初日の今日は熊本県人吉市の「渡保育園」で公演。

園舎を立て替えて一周年というお祝いの日でもあり、渡保育園のマス

コットキャラクター「ほっぴー」も特別に出演♪(さぁどのシーンでしょ?)

新しい園舎はいろんな所に隠れて遊ぶ場所があったり、レストランが

あったりとっても素敵でした。

子ども達も明るく元気で、始まる前から興味深々。

公演が始まると立ち上がって応援しながら一緒に遊んでくれました。

歌っているシーンでは、子ども達のふと漏らす一言に吹き出すのを

こらえるのが大変でした。

公演終了後はレストランで園で採れた野菜を使ったカレーをごちそう

になりながら、先生方とお話。先生の娘さんの名前が「よしみ」さんだっ

たり、10年以上前に小池さんのワークショップを受けていたり。

更には、先生と事務所のエミさんが同級生という事まで判明!

「演劇部だったでしょ。有名な方だったから」と先生談。

不思議なつながりに大盛り上がり。

帰りは大雨の中、見送っていただきました。

一つ一つの出会いを大切に、約一ヶ月の公演を楽しんできたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『なんでも座』発表会

Dsc04105

7月2日(月)

今年の研修生三人(中山由美24才・山口咲希20才・山本瞳20才)

による『なんでも座』の発表会をしました。

うたやあそび・コントにお芝居と盛りだくさんの内容で、若い3人娘

らしい元気いっぱいの発表でした。

風の子協議会議長の細沼さんをお客様として迎え、団内だけの客席

とても盛り上がりました。

中山・山口は九州の作品に出演、山本は風の子関西に2学期の間

出向となります。

いずれみなさんの町にも おじゃますることもあると思います。

かわいがってくださいね。

  

Dsc04131
《 ミュージカル風のテーマソング 》

 

Dsc04108
《 『なんでも座 2007』の演出・構成の山ン本さん 》

 

Dsc04150
《 ゴムとび 》

 

Dsc04196
《 コ ン ト 》

 

Dsc04209
《 お 手 玉 》

 

Dsc04239
《 真剣で暖かなまなざしの 顔 顔 顔 》

 

Dsc04241
《 細沼さんも東京での会議も忘れて・・・ 》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »