« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

宮崎県青少年劇場ミニシアター(その4)

070521

茶臼原小学校での公演でした。

この学校の近くに石井十次記念館というのがあります。

明治から大正にかけて親のいない子どもたちを集めて施設を作り、茶畑の収入で

子どもたちを育て教育を行った人です。

この施設は今も存続しており、この学校の約4割の子どもたちがそこから通ってい

ます。現在は、借金苦や暴力によるネグレクトの子どもたちがほとんどだそうです

(上演確認書引用)。

゛3ちゅー"を見てもらえてほんとによかったです。素直で素朴な子どもたちで、

すぐに芝居に溶け込んでくれました。

公演終わって片付け終わる頃に3年のまりあちゃんが感想文をもって来てくれまし

た。みんなびっくりするくらい細かいところをよくみてるし、よく覚えています。

いろんなこといっぱい感じてくれたんだなぁと言うのが伝わってくる文章でした。

そしてお土産に、とうもろこしとコッペパンをいただきました、すごく美味しいか

ったです。

本部先生大変お世話になりました、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

役者希望

070515_191825

 

 

なるほ堂の宮崎県青少年劇場は、

14日から始まりました。

今年は宮崎県南部の市町村の

公演です。

宿泊先の小林の旅館に、将来役

者になりたいとゆう女子高生が訪

ねて来て来ました。みんなで相談

にのり、とっても新鮮な出会いでした。

まみちゃんがんばってね!

 

070515_191855

なるほ堂班の谷畑好美は、地元宮崎出身で、今までいろんな芝居畑にいたので、

いいアドバイスをしてくれました。

ちなみに、地元なので、連日、親戚縁者が見に来てくれています。

谷畑も大変です。

 

070517_134348

17日の縄瀬小学校の公演終了後、

二年生全員が感想文を持って来て

くれました。

ありがとうございます。

一人一人の緊張した笑顔がとって

も可愛かった。

 

桐野三郎こと小池勇治より

| | コメント (1) | トラックバック (0)

宮崎県青少年劇場ミニシアター(その3)

20070516074908

川南町の山本小学校です。

この写真を写したとき子どもたちはまだ芝居を見ていません。

学校に着いて荷おろしをしていると校長先生がいらっしゃって、せっかく

だからと登校してきた子どもたちと記念撮影をパチリ!公演前の集合写真

は珍しいことではありますが子どもたちがキョトンとしながらも、わくわく

している表情は伝わりにくいけどそんな感じでした。

今日はたぬきの先生ちょっと早く帽子をかぶりすぎてバレルのではないかと

ハラハラしましたが子どもたちは気付かないし、気付いても騒ぎません、

登場したとたん大騒ぎ!不思議でした。

保育所の年長さんも最後まで怖がらず楽しんでくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

別府親と子の劇場でOpen

20070512215912

一昨年3ちゅーを見ていただいて、今回Openを取り上げていただきました。

中学生以上が中心で、すごく のりがよく、私たちもついおちょーしに

のって芝居してしまったみたい な感じでした。公演後交流会をしていた

だいて、遅い時間でしたがたくさん参加していただき、美味しい食事と、

美味しいお酒を飲みながらいっぱい話しができて楽しいひとときでした。

大変お世話になりました!ありがとうございました。

乳幼児活動のみなさん"ぴーかぶー"見に来てくださいね、では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宮崎県青少年劇場ミニシアター(その2)

20070510115600

今日は、椎葉村の中心からさらに車で 、離合(りごう)するのも大変な山道を

1時間走ったところにある尾向小学校です。夜中に雷をともない大雨がふり、

強風が吹き荒れどうなることかと心配しましたが 朝には上がりほっとしま

した。

しかし昨日とはうって変わって、風にさらされるとぶるぶる震えるくらい

気温が下がって  子どもたちは、ちょっと寒かったかもしれません。

今日は、尾向小学校、不土野小学校、そして児童館、保育所の幼児併せて約

60人が集まってくれて最初はかなり緊張した感じでしたが、だんだん芝居に

入り込んでくれて、たぬきの先生は大ウケでした。先生方ほんとにお世話に


なりました。ありがとうございました。

その後、大分は別府に移動したのですが、6時間くらいかかりました。

九州は広いなぁと言うのと同時に、なかなか行けないこの地で子どもたちに

観てもらうことができて、この事業の大切さを実感しました。

20070510115904

将来劇団に入ってみたい!なんて人が出てきたら嬉しいなぁー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宮崎県青少年劇場ミニシアター(その1)

20070509152827

9日から宮崎県青少年劇場ミニシアターが椎葉村でスタートしました。

会場は、椎葉小学校体育館です。大変いい天気ではありましたが、午前中から

気温がグングン上がり、午後2時の開演時間にはおそらく体育館内は30度を超

えていたと思われます。

久しぶりに私たちも汗びっしょり、見てる子どもたちも汗だくでした。この日は、

椎葉小学校、鹿野遊(かなすび)小学校、松尾小学校、小崎小学校、大川内

小学校、椎葉中学、松尾中学、のみなさん約200人が集まっていただきました。

とても楽しみにしてていただいて、すごく集中して観ていただき、とてもいい

雰囲気の公演なりました。

教育委員会、それから先生方には 大変お世話になりました。

ありがとうございました。

 

20070509152933

▲公演後、そこ ここで撮影会が始まって、

               みんなの嬉しそうな 笑顔が印象的でした。

 

20070509153236

▲たぬき役の先生、熱演ありがとうございました。ばっちりでした!

    

20070509153323

▲担当の大野先生、お忙しい中大変お世話になりました。ありがとうございました。

  

20070509153445

▲ねずみのポーズありがとう、楽しんでいただけたでしょうか!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

通潤橋

20070508141623_1

いよいよ宮崎県青少年劇場ミニシアターが始まります。

宮崎に向かう途中、肥後の石工で有名な通潤橋によりました。

美しい自然の中にかかる巨大なアーチには感動を覚えます。天気もよく絶好の

ロケーションでした。

  

20070508142633

-説 明-

ちょっと読み難いですが、目を凝らして読んでみてください。めんどくさければ

ほかの写真をよぉ~く見るだけでいいと思います、はい。

  

20070508142507

-放 水-

ちょうど橋の真ん中にある水路の穴からの放水は、今回は見ることができません

でしたが、それは圧巻です。水量豊かな土地です。

  

20070508142911

  

  

  

  

  

-水です-

白いものは水路を勢いよく流れおちる水

です。右側は3ちゅー班で研修中の新人、

山口咲希ちゃんです。

目つぶっちゃいましたね。

以後おみしりおきのほどを!

 

20070508143725

-知恵と技-

芸術的とも思える石組に咲き誇るつつじがよく似合います。

風の子は約40年前この石工を扱った、"肥後の石工伝"と言う芝居をやっています。

観てみたかった!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

メーデーにて

変な天気でしたが、暑くも寒くも無く、無事、デモ行進は終わりました。

M01

お昼に弁当をみんなで食べ、記念に一枚集合写真を撮りました。

来年は、デコレーションに参加したいです。



M02 去る、五月一日。

メーデーの後夜祭を行いました。

ゲストに大町先生を招き、教育現場のイマ!

をききました。

教育三法案や、憲法九条、子どもに携わる

人間として、非常に興味深くためになる話を

沢山聞きました。


話を聞いた後は、いつもの飲み会。

ざっくばらんに感想を出し合い、日付が変

る直前まで盛り上がりました。

そして、気になる今日のメニューは、矢野さんのお母さんの手作り

こんにゃく入り、おでん。

M03  M04

二郎さん直伝、酢キャベツ。定番の、モツ鍋。と、色んな形のおにぎり。〆は

、チャンポンを入れて、美味しく頂きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »